CFD(日本では最近知られるようになった投資商品です)取引を開始しる際に、損失を出そうとして始める人はいないでしょうよね。誰しも、大きな利益を得ようとして取引を始められる事でしょう。その際に気になることの一つとして、税金(ふるさと納税という納め方も話題になりました)がありますよね。それでは、CFD(現物株CFD、指?CFD、債券CFDなど、豊富な銘柄から選択できるのもその魅力の一つでしょう)の税金って一体どんな風になっていますからしょう。CFDで一定の利益をあげた場合には、株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)の場合の源泉徴収とは異なり、雑所得に分類して自力で確定申告(所得税の確定申告期間は、毎年2月16日から3月15日とされています)を行い税金(所得税、住民税、自動車税など、色々なものについて回ります)をしはらう義務があるんです。その時の「一定の利益」とは、年間の取引で20万円以上の利益を得た場合です。2012年からFX(外為証拠金取引のことですね)やCFDの税制が改正され、全て20%の申告分離課税になるのと同時に、くりっく365等との通算も認められるようになりました。つまり、かつてはくりっく365などと店頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)取引との内部通算は認められていないのですでしたが、これからは損益の通算が認められるという訳ですね。また、以前は損失が発生するとでも、くりっく365と大証FX(1998年の外国為替法改正をきっかけに誕生し、ブームになりました)以外は翌年の繰越が認められていないのですでした。でも、今回の改正によって、CFD(現物株CFD、指?CFD、債券CFDなど、豊富な銘柄から選択できるのもその魅力の一つでしょう)やくりっく365等以外のFX(外為証拠金取引のことですね)の損失も、確定申告(主に個人事業主や年金生活者などが行うべき手続きです)をやると繰越控除が認められるようになっているのです。ただ、気を付けなければならない可能性があります。雑所得内での損益通算は、かなり広範囲に亘ってできるのですが、最終的に損失となった場合、給与所得などといった他の所得との合算はできないことに変わってはないので、注意が必要となりますー